2007年04月25日

未来日記レビュー

いま私の中で一番熱い作品の紹介を簡単に。

ジャケットイラストと、帯の
12人の未来予知能力者による殺人ゲーム!生き残るのは果たして誰だ!?
というキャッチコピーに惹かれて買いました。
月刊少年エースで連載中の「未来日記」です。

『これしかない!』って感じ。

由乃
由乃みたいな真性・狂気ヒロインを待っていた…。

サバイバル∞ゲーム≠フ名に相応しい心地良い戦慄。
1巻から怒涛の展開。もの凄い疾走感です。
特に難しい設定もないので安心。
絵も旬のタッチで、女の子も可愛く描かれています。
ライトな刺激を求めている方には自信を持ってお薦めします!!

試しに1巻を手に取ってみてください。
損はないと思います(´∀` )
そしてこの作品の魅力が伝わるには充分かと…。

私は「DEATH NOTE」と通ずる面白さを感じました。
駆け引きとか、先読み出来ない構成とか。
でもノートじゃなくてケータイが重要アイテムってのが今時ですね。
もしかして「DEATH NOTE」現象の後には「未来日記」現象が来るかも!


3巻まで発売中!揃えるなら今のうち!


posted by 紫雲英 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。