2007年03月25日

フルーツバスケット 23巻(最終巻)レビュー

フルバ最終巻、やっとゲットしました!
帯には完結≠フ文字が…。
大好きな物語がやっと行き着いた終焉。複雑な気持ちです。

透くん
ありがとうな気持ちを籠めて。

さて、最終巻、語るところはいっぱいありますよ〜!
勢いに任せて描いたイラストもありますよ〜(笑)
以下、感想はこちらから→フルバ最終巻レビュー


実はフルバ最終回の号だけ花ゆめ買ってたので、終わり方は知ってました!
あと感想サイト様の方で最終回までのストーリーは読んでました!

なので、割りとすんなり最終巻≠受け止められましたね。
フルバが終わってしまった…≠ニいう虚脱感は数ヶ月前に味わい尽くしたので(笑)

中学の頃から読み始めて、ずっと早く謎が解けないかなぁ≠ニ思っていた時分から見れば、物語の終わり≠ワでは長かった訳ですが。
長期連載作品の全てに言えるであろう、物語が終わって味わう感動やら寂しさやらのカオスは、とても感慨深いものを感じますね。


さて、23巻の内容ですが!!(長い前置きでした)
先ずは表紙。
今日子さんですね〜満面の笑顔の☆背景もピンク満開☆
すっごく嬉しそうで、服装もラフで、最終巻にピッタリの絵だと思いました。
そして表紙の人物の象徴となるものが描かれる裏表紙に
笑顔の透が描かれていて、嬉しさの余り本屋で泣きそうになりました(*ノД`*)・゚・

中表紙には輝く光(朝陽?)に向かう今日子さん。
寝起きじゃないです…よね?寝起きはめっちゃ悪そう(笑)


各話の表紙イラストについて。

・第132話
何このボーイズラ…(でもそう見えてしまった…)
この回でめでたくハッピーエンドを迎えた紫呉さん&慊人さん。
アダルティに抱きしめあってます!!それはもう愛おしそうに…!!
あっきーがエロくて素敵…(*´∀`)

・第133話
透&夾。もうラブラブ…!
夾の余裕の表情がムカつく━━━━━(*´∀`)

・第134話
浴衣姿でイチャつく由希と真知(*´∀`)
二人で夏祭りに行ったって事ですね!?
「遊びに行く」とは言ってたけど、遊園地でもなく海でもなく、夏祭りをチョイスするとは…!!
由希、やればできる子。

・第135話
まさに今日子さんをお迎え≠ノ来た勝也さん…!
ああ…なんかダメだ…これ見ると…
愛しさと切なさと淋しさが…。・゚・(ノД`)・゚・。

・最終話(第136話)
透、夾、由希、魚ちゃん、花ちゃんの卒業5人組。
晴れ晴れとしてていいですね〜。
終わりと、始まりの、卒業写真…。


柱について。

・一本目
高屋先生、最終回後もコミックスとかファンブックとかのお仕事あったのでしょうね。

・二本目
紫呉さんについて。挿絵の紫呉さん、スーツにネクタイです。
殴られなくて良かったね☆
一番子供なのは紫呉さんかも知れないもんねぇ…

・三本目
慊人さんについて。慊人さんもお洋服。もう和服は卒業?
「慊人みたいな子、また描いてみたいです。」
ΣΣ(゜Д゜;)マジっすか!?是非描いてください!!
じゃあ高屋先生の次の連載の主人公は、
男装病弱精神不安定包丁美少女に決定ですね♥

・四つ目(柱じゃなくて穴埋め)
夾について。
優しいお父さん━━━━!!つーか子供!子供!?

・五つ目(穴埋め)
透について。
透くんはみんなの宝物…
どんな逆境にも負けない、立ち向かってゆく強い子…
透くんがいたから、ただ解けただけじゃない、十二支の呪い。

・六本目
由希について。
確かに終盤は意地悪キャラでしたよね〜特に夾に対して(笑)
でもそれって融通が利くようになったってことで。
少しは生き易くなった世界で、これから思う存分、幸せになって欲しいです。

・七本目
最後の柱。
スルメですか…
でも、この言葉を読んで、もう一度フルバ全部通して読みたくなりました!
イキナリ1巻から友達に貸してるけどね!そのうち!


本編については今更…なので。
勿論、感動したけれども!(特に今日子さんの…)
全巻でほとんど物語の決着は付いてるので、最終巻は後日談的なものが描かれていて、安心して読めました。
本編が幸せムードに満ち溢れていて、読んでるこっちまで幸せ☆

この余韻に浸ってる間に、ファンブック「宴」を…
って「宴」書店に置いてねぇ━━━━━!!!
未ゲットです…('A`)
噂の○○姿のあっきーが死ぬほど見たいのに!!
やっぱりフルバ分もっと補給したい!!(今更とか言ってごめんなさい!!)


最終巻読んだ後、勢いに任せて描いたイラスト。

愛の限り大きく描いた呉慊イラスト(別名、振り向キッス)
こっちを向いて好きだと言って♪
慊人「紫呉、こっち向いて…」→素直に振り向く紫呉。
と幸せそうなあっきーとグレさん♥
紫呉さんも、折角正式に恋人同士になったんだから、
これくらい内面見せてくれなきゃダメです。


最終話で繭ちゃんが「はとり君に南の島なんて似合わない」と言っていたので…
furuba23-003-1.jpg
御当主様も似合わないよ☆と思って描きました!
満更じゃないはとりさん(笑)本気で厭そうなあっきー(笑)
ところで、兄妹みたいなこの二人が好きです。


以上、フルバ最終巻レビューでした!
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!
「宴」レビューもするかも知れないです(*´∀`)

<関連記事>
フルバ ファンブック[宴]レビュー
フルーツバスケット22巻レビュー
フルバ イラスト神羅と利津と慊人さん
フルバ呉慊4コマ漫画




posted by 紫雲英 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(2) | フルーツバスケット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『フルーツバスケット・23』(完結)の感想
Excerpt: 『フルーツバスケット・23』高屋 奈月/白泉社花とゆめコミックス/落ち着くところに落ち着いて、行き着くべき所を目指して歩き出す、そんな1冊でした。 やはり葛藤は消えないし、でも幸せもちゃんと増えてた..
Weblog: 空夢ノート
Tracked: 2007-03-27 22:39

フルーツバスケット 全23巻 高屋奈月
Excerpt: 「フルーツバスケット」最終巻 23巻発売!! 十二支の呪いの(異性に抱きつかれると自分の干支の動物に変身してしまう)ため 人とのかかわりを避けていた草摩家の人々。 疎まれ育ってきた彼らの..
Weblog: shaberiba
Tracked: 2007-03-28 13:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。