2007年01月27日

フルバ22巻♪

フルバ22巻ゲットしました〜♪
次が最終巻ですね〜。ならば今回はラストスパート!まさに佳境!
紫雲英はコミックス派なのでドキドキしながら読みました。

慊人さんその1
イラストはフルバキャラ中No.1の慊人さん。
泣いているシーンが多かったので泣き顔です。(*ノД`*)・゚・
あっきーが好きです。御当主様オンリーです。夢に見るくらい好きです。夢でうなされるくらい好きです。白昼夢もあっきーです。寝ても醒めても御当主様ラヴ(しつこい)
22巻は慊人さん沢山出てましたーvそりゃ物語の中枢キャラですし!
まあ、一言で言うなら…………


P87のあっきーの表情たまらん…っ
げふげふぅッ(吐血)



22巻はこれに尽きますね!(えっ)
いや感想とかは他のもっと良心的なサイトさんが沢山されているじゃないですか。
ご丁寧にわかり易く!読んでるだけで萌え萌えな感想が沢山あります!
紫雲英がやっても「慊人さん萌え」しか言いませんから!(困ったことに)
ですから細かい感想はなしで。
(端っからやる気無かった訳じゃないのですが…
素敵サイトさんの感想読んで廻ってるうちに自信を失くしました…)


という訳で簡潔に感想いきまーす!

・表紙
勝也さんでした。ラフな座り方がいいですねー。

最初の柱
高屋先生のお言葉…
やっぱり作品に対して作者って神なんだよ!唯一絶対の存在!…だと思った。
そして「あっきーは白」!
純白の白!血の映える白!(ぎゃー) 白=無垢な感じかな?

二本目の柱
初登場時、お菓子を大量に買おうとしていたのは、
御当主様が深夜に突然「食べたい」って言ったから、なんだって!
(;´Д`)ハァハァ (興奮しすぎ)
私のイメージで慊人さんって胃弱なんですが…夜中にポテチなんて食べたら吐…
しかし、紅野さんを行かせたばかりに魚ちゃんと出逢ってしまうなんて、
ちょっと皮肉ですねー(ポテチの代わりに紅野さんが…)

・P68の描き下ろし
黒いオーラを放つ師匠に怯えている慊人さん…!
こうゆうギャグパートがこなせる様になったのは素晴らしいことです。
以前は絶対ギャグ顔なんてしない方だった。シリアス担当。
花ちゃんに「あーちゃん」と呼ばれて蒼くなるあっきー可愛いなぁv


その他いっぱい慊人さんに関するページやら各話の可愛い表紙やら
きょんる(王道)やら由希真知(二番目に好きなCP※一番は勿論呉慊)やら
感想はあるのですが、
前述したように既出のものですし、切りがありませんので…。
とにかく22巻、スバラシィーよ!(感極まってP138のあっきーで涙!)
これに尽きます(笑)
次巻が最終巻だと思うと、寂しいやら待ち遠しいやら。

でも感想イラストは沢山描いてしまいました!
いい加減記事が長すぎるので、追記に載せときます。
ご覧になる方は「続きを読む」から→

あっきーだらけのイラストコーナーへようこそ(笑)


シンプルで困難な道
「僕はもう行く」
お局さんに言った一言。あの人が、楝さんの代わりに慊人さんの母親的存在だったのかなぁと思うと、深くて重い一言です…。「巣立ち」?
覚悟を決めて歩み出す慊人さんの図。


こんなにも小さな存在に
ハルの「…最近、変わったね…」の一言から。女の子あっきーv
その後の紫呉さんの行動についての2人の「あー」は、
「慊人は女性で、紫呉とデキている」ことを知っての納得か、
知らないけど「紫呉と慊人は2人で何が画策していた」から何か答えを得たのか。
どうなんでしょう?ところで今画策≠辞書で引いたら実現をめざして、色々と計画すること・多く悪い意味で使う≠ニ出て、とんでもなく萌えました


ごちゃごちゃ
らくがき色々♪
作中の白い半袖Tシャツのあっきーモヘモヘv特にうなじ…v
左下のあっきーは「紅野、駄菓子食べたい、かってきて」と言ってます。


つーかどんだけ描いてるんだ私!どんだけあっきーに萌えてんだ!
呉慊小説かきたいです!
無邪気な幼少あっきーと欲望にまみれてる紫呉少年の「葵上物語」!
または「育成計画」で(*´∀`)

<関連記事>
フルーツバスケット23巻(最終巻)レビュー
フルバ ファンブック[宴]レビュー
フルバ イラスト神羅と利津と慊人さん
フルバ呉慊4コマ漫画


posted by 紫雲英 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツバスケット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。